岡山県津山市でインプラント治療を行うなら北歯科医院

北歯科医院でインプラント


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

北歯科医院でインプラント

インプラント治療前のCT撮影を含む検査無料で受けられます。

岡山県津山市でインプラント治療を行うなら北歯科医院

名称: 北歯科医院

院長名: 大前 正範

郵便番号: 709-4603

所在地: 岡山県津山市中北下1269-9

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 岡山 津山市

岡山県津山市でインプラント治療を行うなら北歯科医院

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされていますね。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。



インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。



この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療なんですね。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためなんです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものなんですね。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてくださいね。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。



毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのなんです。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのなんですね。

年々進化を続けるインプラントの技術。

北歯科医院でインプラント 北歯科医院でインプラント
近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところなんです。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。



技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、それと裏腹のデメリットもあります。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。


あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っていますね。



本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかなんです。



差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能なんですね。根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術なんですね。入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。



インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。



それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものなんですね。


差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。



まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


北歯科医院でインプラント 北歯科医院でインプラント
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのなんです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものなんです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。



自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能なんですね。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払いますね。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてくださいね。



特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。



インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされていますね。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのなんです。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通なんですね。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてくださいね。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってくださいね。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事なんです。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大しますね。
こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してくださいね。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってくださいね。
普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてくださいね。


血行が促進され、出血が続く恐れもあるためなんです。

日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手なんです。残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告しますね。
医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。



ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が増えていますね。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっていますね。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。


埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行いますね。各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われていますね。